ベルリン

ベルリンの観光名所、ブランデンブルク門の歴史と行き方を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ベルリンに来た旅人
ベルリンに来た旅人
観光名所で有名なブランデンブルク門ってどんなところ?

ドイツを観光するから知りたい!

 

そんな方に向けて、この記事ではドイツ・ベルリンで有名なブランデンブルク門への行き方について紹介します。

ベルリンにはいくつもの観光名所がありますが、ブランデンブルク門もそのうちの1つです。

ブランデンブルク門は、ベルリンでもっとも有名な観光名所の1つなので、多くの観光客でにぎわっていました。

ドイツに旅行をするならベルリンを訪れる方も多いと思いますが、どこを観光すればいいかわからない方も多いと思います。

ベルリンに来る多くの旅行者が訪れるブランデンブルク門について紹介するので、ぜひ目を通してください。

ブランデンブルク門とは?〜税関壁として作られる〜

ブランデンブルク門の歴史について、紹介します。

昔のベルリンは要塞に囲まれていましたが、軍事的な価値が下がりはじめたことで、プロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世が1734年に廃止を命じました。

要塞の代わりとして設けられたのが税関壁です。

ベルリンから各街に向かう街道には、関税門が設けられることになり、もっとも多いときでは18箇所も設置されていました。

ブランデンブルク門も関税門の1つとして使われていたのです。

1868年以降、税関壁と関税門は取り壊されるようになりました。

第二次世界大戦では、ひどく損傷して廃墟のようになっていたこともあります。

第二次世界大戦の後は東ベルリン側に位置し、人々が逃げ出さないように封鎖されていたこともあります。

ベルリンの壁が崩壊してからは、ドイツ東西が統合したシンボルにもなっており、ブランデンブルク門は現在でも残されています。

ドイツ人にとっても重要な場所であり、ドイツのユーロ硬貨の裏面にはブランデンブルク門が彫られています。

ベルリンでノマドワークしやすいカフェ5選【Wi-Fi・電源あり】 この記事では、ベルリンでノマドワークができるカフェを紹介していきます。 デジタルノマドとしてベルリンに来てみたけど、どこで...

ブランデンブルク門への行き方

 僕がベルリンで観光した場所を、この地図にまとめています。

ベルリン市内の中心地は、右上のピンが集まっているところです。

ブランデンブルク門は、左上にピンが2つある場所に位置しています。

ブランデンブルク門への行き方は、このGoogle Mapを使うと便利です。

お気に入りに追加しておくと、見返すときに便利ですよ。

Google MapはWi-Fiがないオフラインでも使うことができます。

ベルリン観光に行くけどSIMカードを買う予定がないという方は、ぜひこちらも読んでみてください。

ベルリンをSIMなしノマドして分かったこと【3つの準備が大切】 この記事では、ベルリンでSIMカードを買わずにノマドワークをして発見したことを紹介します。ノマドや世界一周をする人にとって、現地...

観光客は多いけど、ブランデンブルク門はおすすめ

ブランデンブルク門の歴史と行き方について紹介してきました。

ドイツ人にとっても歴史を感じる重要な場所であり、観光客も多く訪れるのがブランデンブルク門です。

ブランデンブルク門がユーロ硬貨の裏面に彫られていることからも、ドイツにとってどれだけ重要な場所なのかがわかります。

実際に目の前に立ってみると、大きさと歴史を感じさせてくれる外観に圧倒されました。

ドイツ旅行でベルリンを訪れたときは、ブランデンブルク門に行ってみてください。

ABOUT ME
旅パンダ
旅パンダ
Webライター兼プログラマー見習い。世界一周中の旅人であり、ノマドワーカー。
こんな記事もおすすめ