チェンマイ

チェンマイでノマドをするなら、TCDCがおすすめだよ!

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

旅パンダ
旅パンダ
チェンマイは、有名なノマドシティ。欧米のデジタルノマドを中心に賑わってるけど、どこで仕事をすればいいんだろう?僕も最初にこの街に来たときは、そう思ってました。

チェンマイでノマドワークをするなら、TCDCが良かったですよ。

世界中のデジタルノマドが集まる街、それがタイのチェンマイです。チェンマイには、仕事が捗るカフェやコワーキングスペースが揃っています。

この記事では、そんなチェンマイにあるイチオシのコワーキングスペース、TCDC Chiang Maiを紹介します。

チェンマイに初めて来た方は、どこでノマドワークをすればいいか分からないですよね?

カフェがいいのか、コワーキングスペースがいいのか分からず、ひとまず良さそうなカフェに入ってしまうかもしれません。

実はチェンマイには、使い勝手のいいコワーキングスペースがあるんです!

この記事を読めば、チェンマイでノマドワークをする場所に困らないはずです。

TCDC Chiang Maiについて、さっそく紹介していきますね。

TCDC Chiang Maiは、タイ政府が運営している

チェンマイには、いくつかのコワーキングスペースがあります。

そのなかでもおすすめなのが、TCDC Chiang Maiです。

TCDCは、Thailand Creative & Design Centerの略称で、タイ政府が運営している施設です。2004年に、当時の国のトップであるタクシン首相が設立した政府の施設となっています。

チェンマイだけでなく、バンコクにもいくつかの施設が作られています。

政府が出資していることもあり、館内はとてもキレイです。ワークスペースだけでなく、トイレも頻繁に清掃員が掃除をしてくれるので、利用しやすいですよ。

デジタルノマドはもちろんですが、地元の学生も頻繁に利用していました。

日本語を勉強している学生も見かけましたよ!

政府が運営しているから、料金が格安

TCDC Chiang Maiは、タイ政府が運営していることもあり、格安で利用できるようになっています。

これはデジタルノマドには嬉しい、TCDC最大の魅力と言えるでしょう。

料金は、次のようになっています。

TCDC Chiang Maiのみを利用する場合

・1日利用:100バーツ

・1年間の利用:600バーツ

TCDC Chiang MaiとAIS D.C.(Bangkok)の両方を利用する場合

・1年間の利用:1,200バーツ

このようにチェンマイとバンコクで共通で使えるようにしても、1年間で3,600円程度と格安で利用できます。

日本で1年間コワーキングスペースを借りると、数十万円かかることを考えれば、あまりの安すさに驚いてしまいます。

ちなみに、TCDC Chiang Maiの1階にあるSAME SAMEというカフェも、他の店舗と比較して安めの値段設定になっています。

チェンマイのみの利用なら6回、チェンマイとバンコク合わせて12回以上利用するなら、年間契約をした方が安く済みますよ。

支払いには、クレジットカードが使えません。現金払いのみなので、忘れないようにしてください!

バンコクにあるTCDCでAIS D.C.で共通のメンバーシップになっている場合は、お金を支払う必要はありません。

受付に行き、インストールしたアプリをスタッフに見せてください。スタッフにアプリを見せれば、メンバーシップを持っていることを確認してくれます。

AIS D.C.と同じように、アプリのQRコードを入り口のゲートにかざせば、入ることができますよ!

 

また、ゲートに入る前に入口で、荷物をロッカーに預けなければいけません。

TCDC Chiang Maiには貴重な本などもあるため、持ち出されないようにするためです。僕は何度も利用していたこともあり、顔を覚えてもらい荷物をそのまま持ち込んでいいよと言われていました。

柔軟に対応してくれるので、利用しやすいですね。

ワークスペースは静かだから、仕事が進めやすい

TCDC Chiang Maiは、とても静かです。通話や会話をしてもいい部屋も用意されているので、不便さはありません。

チェンマイには、CAMPという人気のコワーキングスペースがあります。

CAMPもとてもいいワークスペースですが、学生も多くかなりざわざわしています。

TCDC Chiang Maiはコワーキングスペース兼図書館、CAMPはコワーキングスペース兼カフェというイメージが分かりやすいと思います。

静かに仕事をしたいなら、TCDC Chiang Maiの方がおすすめですよ。

 

ちなみに、写真の通りワークスペースには、MacやWindowsのパソコンが置かれています。

こちらは誰でも使えるので、パソコンすら持参する必要のない、究極のノマドワークができますね。

2018年5月から、営業時間は3時間延長された

TCDC Chiang Maiの営業時間、以前は18:00までと短かったため、使い勝手もあまり良くありませんでした。

デジタルノマドで、TCDC Chiang Maiに足を運んだ方のレビューを見ても、営業時間の短さを指摘していることが多いです。

2018年5月から営業時間は、10:30〜21:00に変更されています。バンコクにあるAIS D.C.と同じ営業時間にするために変更になったとのことです。

21:00まで仕事ができれば、夕方急いで仕事を片付ける必要もありません。これはデジタルノマドにとって、嬉しい変更ですね。

ちなみに、月曜日が定休日なのは変わっていませんよ!

営業時間が延長されたことで、さらに使い勝手の良いコワーキングスペースになっています。

TCDC Chiang Maiの営業時間は、2018年5月から10:30〜21:00(定休日:月曜日)になった。

カフェも魅力的なTCDC Chiang Mai

仕事で疲れたときには、ホッと一息つきたい。

そんなときにカフェを利用したくなりますよね?

TCDC Chiang Maiの1階には、SAME SAMEというカフェがあります。

このカフェの店員さんはオープンな性格なので、何度か足を運べば仲良くなれるはずです。

僕も店員さんと仲良くなり、観光スポットを紹介してもらったり、ゴハンを食べに行ったりしました。

最後にTCDC Chiang Maiに行ったときは、「Good Luck」と書いたケーキを出してくれました。

旅パンダ
旅パンダ
 デジタルノマドは、旅をしながら転々とするけど、こういう出会は嬉しいよね。

ドリンクメニューやホームメイドのスイーツは種類が豊富なので、仕事で疲れたときに味わってみてください!

 

チェンマイでノマドワークをするなら、TCDC Chiang Maiがおすすめのワークスペースです。

静かな環境で仕事をしたいときは、必ず気にいるはずですよ。

旧市街にありますが、ぜひ一度足を運んでみてください。

TCDC Chiang Maiの基本情報

  • 施設名

TCDC Chiang Mai

  • 営業時間

10:30〜21:00

  • 定休日

月曜日

  • 住所

1/1 ถนน เมืองสมุทร ตำบล ช้างม่อย อำเภอ เมืองเชียงใหม่ เชียงใหม่ 50300 タイ

TCDC Chiang Maiは、旧市街から少し外れたところにあります。ニマンヘミンから向かうときは、テンソウで20〜30バーツで向かえるはずです。

ただし、旧市街の外れにあるので、TCDC Chiang Maiまで行きたいと言っても断られることも・・・

そんなときは、近くにある「ワット チャイシープム」まで行きたいとドライバーに伝えてみてください。「ワット チャイシープム」は旧市街沿いにあるので停まってくれます。

「ワット チャイシープム」からTCDC Chiang Maiまでは、徒歩2分程度なのですぐに着けますよ。

ABOUT ME
旅パンダ
旅パンダ
Webライター兼プログラマー見習い。世界一周中の旅人であり、ノマドワーカー。