ベルリン

ドイツの有名な観光スポット、ベルリンの壁の行き方とおすすめアート

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ベルリン観光する人
ベルリン観光する人
ベルリンで有名な観光スポットってどこ?

ベルリンの壁の行き方が知りたい!

こんな方に向けて、ベルリンの壁について紹介していきます。

ベルリンは、観光スポットがいくつもあります。そのなかでも最も有名な観光スポットが、ベルリンの壁です。

ベルリンの壁は、歴史的にも価値がありますが、現在ではアートとしても人々を魅了しています。アートが描かれている場所は、イーストサイドギャラリーと呼ばれています。ベルリンを観光するなら、必ず足を運ぶべき場所です。

この記事では、ベルリンの壁への行き方や基本的なことについて紹介します。ベルリンの壁に行こうと思われている方は、ぜひご覧ください。

ベルリンの壁の歴史

ベルリンの壁は、東西冷戦の象徴とも言うべき存在です。冷戦の影響を受けて、1961年から1989年までの間、ベルリンが分断されていました。28年間にも渡り、ベルリンを2つに隔てていた壁が、このベルリンの壁なのです。冷戦の名残として、長年に渡り多くの観光客を集めています。

ナチスドイツは、第二次世界大戦で敗北しました。この敗北により、アメリカを始めとした資本主義国家とソ連を始めとした社会主義国家が、ドイツを東西で分割して統治することになりました。

ベルリンは社会主義国家側が統治する東側にありましたが、この街の西側のみ資本主義国家が統治することになりました。

共産主義で経済が悪化した東ベルリンから、経済的に恵まれていた西ベルリンへ逃げ出すことが多くなりました。東ベルリン軍とソ連は1961年8月13日の深夜に、西ベルリンを取り囲むように約155kmに渡り壁を作りました。

東ベルリンと西ベルリンと隔てたのが、このベルリンの壁です。

ベルリンの壁は1989年11月9日に崩壊し、双方の市民により破壊され現在に至ります。

ベルリンの壁は、イーストサイドギャラリーに

ベルリンの壁は、現在ではイーストサイドギャラリーという名称の壁画ギャラリーになっています。ベルリンの壁が崩壊した後に、20ヵ国以上のアーティストが集まって壁にペイントをしました。これがイーストサイドギャラリーになっています。

ここから僕がおすすめのイーストサイドギャラリーの作品を紹介していきます。

独裁者のキス

イーストサイドギャラリーで最も有名なのが、この作品です。旧東ドイツのホーネッカー書記長とソ連ブレジネフ書記長がキスをしています。

東ドイツとソ連の密接な関係を表しているのが、こちらの作品です。

平和のハト

平和の象徴であるハトが、塀に閉じ込められた人を助けようとしているアートです。冷戦時の状況を表している作品になっています。

壁を飛び越える人

ベルリンの壁を飛び越えている男性を描いた作品です。当時の抑圧された状況でも、軽々と壁を超えていった人がいたんでしょうね。

日本地区への迂回路

ベルリンの壁にある日本地区への迂回路というアート。ベルリンの壁に日本のことが欠かれているのは嬉しいですね。富士山や五重塔などが描かれています。

アートの右側には、書かれた日付でしょうか?このような年号と印鑑のマークがあります。

抑圧されている人々

狭い道に押し込まれている人々の作品です。社会の縮図のようなアートになっています。

エデン

これは何の作品なのかと思いましたが、僕のなかではエデンのようなイメージを持ちました。

ベルリンの壁への行き方

ベルリンの壁(イーストサイドギャラリー)の場所は、こちらになります。事前にGoogle Mapに保存しておくと便利ですよ。

ベルリンの壁に近い駅は、Berlin Ostbahnhofという駅です。ベルリンの中心地から少し距離がありますが、電車を使えばアクセスもしやすくなっています。

ベルリン観光の目印にもなりやすいWorld Time Clockからは、電車と徒歩で20分程度で着きます。

僕が宿泊したホステルからは、徒歩11分でアクセスできました。このルートで簡単にアクセスできるので、僕は何度が足を運びました、

【格安】ベルリンで宿泊したホステルをレビュー【おすすめ】 ノマドや旅行者が多く訪れるベルリン。格安ホステルから超高級ホテルまで、旅行者のニーズに合わせて揃っています。どこに泊まればいいん...

ベルリンの壁(イーストサイドギャラリー)は、必ず行きたい観光スポット

ベルリンの壁の行き方やイーストサイドギャラリーのおすすめアートを紹介してきました。

歴史的にも価値のある場所なので、ドイツそしてベルリンを訪れたら、足を運んでみてください。

イーストサイドギャラリーの端まで歩くと、この写真のような橋に辿り着きます。この橋は、オーバーバウム橋です。橋の外観も素敵で、晴れているとシュプレー川もきれいに見えます。

観光に疲れたときは、こちらで紹介しているカフェもおすすめです。

ベルリンでノマドワークしやすいカフェ5選【Wi-Fi・電源あり】 この記事では、ベルリンでノマドワークができるカフェを紹介していきます。 デジタルノマドとしてベルリンに来てみたけど、どこで...

ベルリンの壁、イーストサイドギャラリーをぜひ観光してください。

ABOUT ME
旅パンダ
旅パンダ
Webライター兼プログラマー見習い。世界一周中の旅人であり、ノマドワーカー。
こんな記事もおすすめ