ノマドになる

海外ノマドと世界一周するなら知りたい1日3,000円で過ごせる街

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

ノマドできる街を探している人
ノマドできる街を探している人
海外ノマドになりたいけど、どの街がノマドしやすいんだろう?

世界一周するけど、滞在費が安い街を知りたい!

 

こんな疑問を持っている方向けに、1日3,000円以下で過ごせる街を紹介します。

僕は旅人として世界一周をしつつも、海外ノマドとして仕事もしています。

観光と仕事を両立させるバランスは難しいですが、無事に6ヶ月が経過しました。

一つの区切りにもなったと思っているため、これまでに訪れた国で滞在費が安かった都市を紹介していきます。

海外ノマドになるときに決めた、1日3,000円という基準

僕は1日の生活費が、3,000円以下になることを1つの基準にしています。

なぜ、1日3,000円以下なのか?

1ヶ月の生活費を、10万円以下に収めたいからです。

1ヶ月が30日なので、30日×3,000円=90,000円という計算です。

31日の月もありますし、長距離移動があるとオーバーしてしまうため、1万円が予備費になっています。

10万円以下というと安すぎると考える人もいるかもしれませんが、長期的に海外にいるといつ病気などの不測の事態が起こり、お金が必要になるかわかりません。

だからこそ、できる限り倹約して生活費を少なくし、海外生活を長期的にできるように心がけることが大切です。

海外ノマド、世界一周の旅人として6ヶ月で13ヵ国を訪れた

僕は6ヶ月で13ヵ国(17都市)を旅しました。その一覧がこちらです。

  • バンコク、チェンマイ(タイ)
  • ベルリン(ドイツ)
  • ワルシャワ、クラクフ(ポーランド)
  • キエフ(ウクライナ)
  • ビリニュス(リトアニア)
  • リガ(ラトビア)
  • タリン(エストニア)
  • ヘルシンキ(フィンランド)
  • トビリシ(ジョージア)
  • エレバン(アルメニア)
  • テルアビブ、エルサレム(イスラエル)
  • アンマン、ワディムーサ(ヨルダン)
  • イスタンブール(トルコ)

6ヶ月で13ヵ国なので、平均すると1ヶ国に2週間程度滞在していたことになります。

実際は短い国だと1週間だけ滞在し、長いと3週間滞在するという、どちらかでした。

1日3,000円以下で過ごせる街

僕が訪れた17都市のうち、3,000円以下で過ごせたのは7都市でした。

その7都市を、さっそく紹介したいと思います。

バンコク

アジアの旅行先として人気のタイの首都、バンコクはやはり物価が安かったです。

格安ホステルの1泊は700〜1,000円程度、食事は1食500円程度でした。

物価が安いので、タクシー移動も気軽にできます。

バンコクは世界一周に向けてワクチンを格安で打つことができ、僕もここで2回摂取しました。

海外ノマドでバンコクに住んでる方は多く、コワーキングスペースやカフェも多いので、ノマドデビューと世界一周デビューにおすすめです。

チェンマイ

チェンマイは、バンコクに次ぐタイの第二の都市です。

僕はバンコクよりもチェンマイの方が気に入りました。

チェンマイは欧米人のノマドが多い街で、いたる所で見かけます。

チェンマイも宿泊費は、700〜1,000円程度で宿泊できました。

チェンマイの格安ホステル、ALEXA Hostelをレビュー 初めて行く街では、どんなホステルやホテルに泊まればいいか分からないですよね?いきなり長期で宿泊するのは宿のクオリティーも分からな...
チェンマイで、ホテルではなくAirbnbに長期滞在した感想チェンマイでAirbnbを使って長期滞在した実体験を紹介します。チェンマイはデジタルノマドに人気の街なので、長期滞在者が多いです。長期滞在に適した物件はAirbnbで見つけられます。チェンマイで宿泊先に探していたら、参考にしてください。...

チェンマイは世界的なノマドシティであり、気候も快適で仕事もしやすいです。

チェンマイの代官山と呼ばれるニマンヘミンというオシャレな通りもあり、僕は将来的に拠点にしたいと思えるほど快適な街でした。

ビリニュス

バルト三国の1つであるリトアニアの首都が、ビリニュスです。

ビリニュスは、予想以上に価格も安くて過ごしやすく、いい意味で期待を裏切られた街でした。

宿泊費は格安ホステルだと、1,000〜1,200円程度です。

食事は500〜1,000円程度で食べることができ、カフェなら200円程度で美味しいコーヒーが飲めます。

チェーン店のコーヒーショップが多かったのも、海外ノマドの僕としてはありがたかったです。

スーパーマーケットなら安いパンなども売っているので、より価格を抑えて生活できます。

1日3,000円程度で過ごすことは、十分できました。

タリン

今回ヨーロッパで一番生活に適していると思えた街が、エストニアの首都タリンでした。

タリンの宿泊費は、1,000〜1,200円程度で宿泊可能です。

食事は1食600〜1,000円程度で、食べきれないほどの量が出てきます。

僕の1日の食事は、1食+軽食程度で十分でした。

3,000円あれば十分に滞在可能です。

街もキレイなので、とても過ごしやすく、フィンランドにも船で行けるので、おすすめできる街でした。

トビリシ

近年、日本人に人気のある国、ジョージアの首都がトビリシです。

トビリシの物価はとても安く、宿泊費は1泊500〜800で格安ホステルに宿泊できます。

食事も1食500〜700円程度で、お腹いっぱいに食べることが可能です。

トビリシは全体的になんでも安いので、長めの滞在にも向いています。

オシャレなカフェもあるので、海外ノマド向きの街です。

エレバン

エレバンは、アルメニアの首都です。

トビリシと同じくらい安い物価なので、1泊3,000円あれば余裕を持って生活できます。

ジョージア人よりアルメニア人の方が比較的穏やかなので、エレバンの方がノマドワークしやすかったです。

オシャレなカフェも多く、隠れたノマドシティだと思います。

イスタンブール

イスタンブールは、トルコの首都です。

通貨が暴落しているからなのかもしれませんが、食事がとても安いです。

スタバのカフェラテのベンティが325円、バーガーキングのダブルチーズバーガーのLセットが420円という破格の安さです。

屋台に行けばケバブは200円、ホットドックは80円で食べることができます。

格安ホステルの宿泊費も1,000円程度からあるので、3,000円以内で十分収まりました。

生活費を抑えて、ゆとりを持ったノマドライフを送ろう

僕が海外ノマドと世界一周をして、1日3,000円で過ごせた街について紹介してきました。

1日3,000円で過ごせた街は、17都市中7都市もありました。

この7都市の中で個人的に気に入ったのは、チェンマイ、タリン、エレバンです。

海外ノマドデビューなどで、試しに訪れてみるのもいいかもしれません。

ぜひここで紹介した街を訪れて、格安で過ごしてみてください。

ABOUT ME
旅パンダ
旅パンダ
Webライター兼プログラマー見習い。世界一周中の旅人であり、ノマドワーカー。