クラクフ

クラクフ歴史博物館と呼ばれるシンドラーの工場への行き方を紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

クラクフに来た観光客
クラクフに来た観光客
クラクフに来たから、映画のシンドラーのリストに出てきた工場に行きたい。

 

どうやって行けばいいんだろう?

こんな方向けにシンドラーの工場を紹介します。

シンドラーのリストという映画をご存知の方は、多いと思います。

アカデミー賞も受賞したこの映画に登場するシンドラーの工場は、クラクフにあります。

シンドラーの工場は、クラクフ歴史博物館とも呼ばれています。

クラクフ観光する方なら訪れてみたい、シンドラーの工場を紹介します。

シンドラーの工場への行き方

シンドラーの工場への行き方を紹介します。

Google Mapでピンを立てた場所が、シンドラーの工場の場所です。

クラクフの中心地からは、やや離れた場所にあります。

クラクフの中心地である中央市場広場からは、徒歩で30分です。

電車が近くを走っていますが、こちらも駅まで距離があるので、30分程度かかります。

タクシーを使っている観光客も多かったです。

Google Mapはオフラインでも使えるので、お気に入り保存すると便利です。

シンドラーの工場の近くに行くと、看板も出ているので、Google Mapも使えば迷わず迎えます。

道中には安いケバブレストランもあるので、おすすめです。

シンドラーの工場の前にはタクシーも多く停まっているのでわかるでしょう。

看板も出ていて観光客も多いので、近くまで来ればわかりやすいです。

シンドラーの工場の予約と料金を紹介

僕は予約なしで、シンドラーの工場に行きました。

1時間待ちましたが、入場することはできました。

予約しないでシンドラーの工場に来て、入場できなかったというコメントも見ました。

予約する余裕のある方は、ホームページから予約した方がいいかもしれません。

料金は21PLN(620円)です。

ヨーロッパにしては安めに設定されているので、観光しやすくなっています。

ロッカーが無料で使えるので、重い荷物を持つことなく展示物を見れます。

シンドラーの工場の展示物

シンドラーの工場には、迫害されたユダヤ人のことや第二次大戦に関する展示物があります。

映像で当時の経験をした方の証言やポスターなどが飾られていたり……

当時のポーランドの状況を表した地図や……

ナチスドイツの旗も飾られています。

シンドラーのリストにも、大勢のユダヤ人が狭い部屋に押し込められるシーンがありますが、それを再現したかのような部屋もあります。

シンドラーが作っていた鍋も、大量に展示されています。

残酷な展示などもありますが、当時の様子を知ることができる貴重な資料が多かったです。

シンドラーの工場にあるカフェ

シンドラーの工場の出入り口付近には、簡易的なカフェコーナーがあります。

疲れたときは、ここで休むのもいいでしょう。

ロッカーも、このカフェ付近にあります。

シンドラーの工場の裏手には、この写真のような別のミュージアムがあります。

シンドラーの工場とこの自電車のモニュメントの間を抜けると……

カフェの看板が出ていて、先ほどの建物が見えます。

この建物にはミュージアムとカフェがあり……

快適でオシャレなカフェがあります。

かなり素敵だったんですが、ガラ空きでした(笑)

たぶん、ここに気づかない人が多いのかなと思いました。

博物館を歩き回って疲れたので、僕はラテを飲みながらしばらく休憩しました。

電源もあるので、スマートフォンの充電もできます。

観光が終わった後に寄るのもいいでしょう。

クラクフに来たら、シンドラーの工場にも訪れよう

シンドラーの工場について紹介してきました。

シンドラーのリストという映画の影響で、多くの観光客が訪れています。

余裕があれば予約して訪れるのがいいでしょう。

シンドラーのリストを見たことがあってクラクフを訪れたなら、シンドラーの工場に行ってみてください!

ABOUT ME
旅パンダ
旅パンダ
Webライター兼プログラマー見習い。世界一周中の旅人であり、ノマドワーカー。
こんな記事もおすすめ